拓水グループ | ㈱拓水 | ㈱オザキ | 沖縄栽培水産㈱ | 日本バイオ技研㈱ | 車海老 | 浜崎クルマエビセンター | 伊万里クルマエビセンター

 
   
「有機養殖」とは? 
 
 近年、地球規模での環境破壊が問題となり、生態的に健全で持続生産可能な「有機農業」が推進され、多くの基準が作られてきました。更に、平成10年からは、国際有機農業運動連盟の「有機生産および加工の基礎基準」にも「有機養殖」の項目が追加され、養殖においてもより安全な生産物が求められてきました。多くの養殖場では農業と同様に抗生物質等の”薬漬け”によって病害を抑えようとしていますが、耐性菌の出現により、抑えられないと言う”イタチごっこ”を繰り返しているのが現状です。
 
 『日本バイオ技研 株式会社』グループでは自然界に存在する有効微生物を大量に培養し、養殖池に投入することにより①安全で②持続生産が可能で③品質のよい水産物を生産し、販売を行っております。国内外を問わず多くの海外、特に中国、東南アジアへの販売を強化しています。
   
 有機養殖の基本的コンセプト
生態系に対して安全であること
 人間および動物に対して安全であることは当然ですが、養殖池、海水等の環境に
 対しても影響を与えない事。
病気の発生を抑え、持続して栽培水産が可能であること
 養殖池の設置には高額な施設費を必要とし、長期間使用しなければならない為、
 連作障害を克服する事は大きなメリットとなります。
品質がよい事
 有効微生物の産出する各種アミノ酸、微量要素、色素等がエビ等に吸収され、
 美味しくなり、生存日数が長くなります。この特徴が市場での価格に反映します。
 

有効微生物利用の具体的な目的

有効微生物利用の具体的な目的
 
車海老
①連作障害予防
 有効微生物群(商品名:水産用オーレス)を用いて、水質汚染の原因となるエビの
 糞、餌の食べ残し、プランクトンの死骸等の腐敗性有機物を分解する事により
 水質を浄化し、環境を整え連作障害の発生を予防します。
②病気予防
 デロビブリオ菌(商品名:デロビブリオ)を用いて、ビブリオ症の発生の原因と
 なるビブリオ菌を抑制します。
 光合成細菌(商品名:オーレスPTB)を用いて、フザリウム症の発生の原因となる
 フザリウム菌を抑制します。
③品質向上
 光合成細菌(商品名:オーレスPTB)を用いて、ビタミン、ミネラル、カロチノイド系
 色素等の補給をし、美味しいエビを生産します。餌に添加することによって、
 摂餌活動を高め、増体重を向上させます。
 

取扱い商品

取扱い商品
 
 
 
 

EMSの治療事例

EMSの治療事例
 
<<拓水グループ>> 〒810-0073 福岡市中央区舞鶴3-6-23-708 TEL:092-406-3217 FAX:092-406-3218